SUNQパス
SUNQパスとは ご利用方法 ご購入場所 ご利用可能路線 県別情報・特典・宿泊施設 体験ルポ
体験ルポ
今回のモニターさん
福岡県在住、32歳、女性。
自宅で仕事をしつつ、家事もこなす毎日。旅へのあこがれはあるものの、仕事もあってなかなか実現できないのが悩み。今回は”3日連続日帰り”で、いよいよ旅を実現します。

体験ルポインデックスへ

SUNQパス インターネット発売窓口はこちらから!
九州+下関、4日間回れる。全九州14,000円。九州+下関、3日間回れる。全九州10,000円。北部九州+下関をおトクに3日間回れる。下関・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分。北部九州8,000円。バス車体のステッカーを目印にご利用ください。 一部ステッカーのない車両があります。乗務員にお尋ねください。


九州高速バスポータルサイト「@バスで(あっとバスで)」九州のバス時刻表九州高速バス情報 バスサーチ九州のりもの info.com 運行状況
色んな旅発見!!SUNQ体験ルポ

「宿泊なし」「計画なし」で、旅に出ます!

旅に出たい…。そうは思っても、仕事もあるし、家事もあるし、なかなかね…。実は旅好きの一方で、ホテルがいまいち苦手。さらに事前の計画も、やっているうちにどうでもよくなってしまう、面倒臭がり屋。旅には向かないのかも…と思っていたところで見つけたSUNQパス。これなら日帰りしやすいし、あんまり計画する必要もなさそう! 行き先は、なんとなく鹿児島、宮崎、長崎に決定!

※このルポの内容や金額などは2007年8月時点のものです。

鹿児島で「島」か「山」か、迷う

07:00

西鉄天神高速バスターミナル乗車(西鉄高速バス/桜島号)
下調べなしで初上陸の地、鹿児島へ。私の知ってる鹿児島は、「桜島・白くま・黒豚」程度。全く知らない土地へ行くだけでワクワクする。


バスセンター、運転手さん

車内で鹿児島の地図を眺める人
10:55
天文館下車


天文館到着

このひとつ前のバス停「鹿児島中央駅」で巨大な観覧車を見かけ、びっくり!確認する間もなく、今度は巨大な焼酎の広告が!
さすが鹿児島。スケールが大きい!それだけで楽しくなってきた!バスを降りる前から「鹿児島」を見せつけられる。


巨大な焼酎の広告

とりあえず天文館をウロウロ。アーケードの中だけなのに、どんなにウロウロしても全く全体がつかめない。広くて迷路のようだ。


天文館

有名店の白クマ(巨大見本)

おなかがすいてきた所で、「白くま」で有名な店に辿り着いた。
人が行列してる。まあ、今かき氷を食べたい訳じゃないし、また後で来ようと思っていると「白熊」の剥製を発見。それを見に2階へ上がる。2階では食事もできるようで、席も空いていた。疲れてきていたし、ここで食べる事にする。


黒豚とんかつ

「黒豚ロースかつ定食」を注文。待っている間にも「白くま」が続々と運ばれていく。大きい!軽く3人分はある!

メニューをちゃんと見てないけど、あれがレギュラーサイズなのだろうか?
とても一人で食べきれる自信はない。とんかつを食べる前に「白くま」を断念する。
これは次回のお楽しみだな。一人旅じゃない時に食べよう。

天文館乗車バスを物色。どのバスにもSUNQ パスのステッカーが。すごく安心する。気持ちも大きくなったところで、行き先を桜島に決定!
桜島行きのバスはないようだ。バス停のそばにいたおじさんに、どのバスに乗ればいいのか教えてもらう。

12:51

天文館乗車(林田バス/鹿児島駅行き)

12:55

水族館口下車
5分位の乗車時間で到着。おっと目の前に桜島が!雄大!早くフェリーへ!


フェリー乗場
13:00

鹿児島港乗船(桜島フェリー)
フェリーの中はなんとも夏休みな雰囲気。真っ黒な子どもや、はしゃいだ大人がたくさん。楽しいなあ。フェリーは真っ直ぐ桜島を目指す。段々近づく桜島。山の色が濃いなあ。


フェリーから見た桜島
13:15

桜島港下船


桜島港フェリーターミナル

桜島上陸。歩いてブラブラしようと思っていたが、日差しが強すぎてその気になれず、バスに乗って終点まで行ってみることにする。

バスを待つ間、タクシーの運転手さん2人とお話。ふと二人の肌の色に気付く。肌の色が南国!一気に遠くに来たなあと実感。


地図で説明するタクシーの運転手さんふたり
14:01

桜島港乗車(鹿児島市営バス/東白浜行き)
左手に海、右手に桜島とぜいたくな路線バス。ハイビスカスなど風景が沖縄を感じさせる。バスに乗っている間キョロキョロしっぱなしで、あっという間に終点へ。


バスのリアウィンドウから見た風景

終点
14:20
東白浜下車
終点の手前付近に、気になる建物を見つけていたので、暑いけど歩いてみる。歩いている人は誰もいない。


珍建築1

珍建築2

すごい!これを見に来た訳ではないけど、これを見られたのはうれしい。
興奮が冷めるとスニーカー越しに足の裏に熱さを感じる。歩くのはやめ!
バスバス。
すぐそこにバス停。ちょうどよくバスが。助かった。
14:34

東白浜乗車(鹿児島市営バス/桜島病院行き)
帰りも行きと同じように終始キョロキョロ。


バスからの風景、海
14:53
桜島港下車
15:00
桜島港乗船(桜島フェリー)
桜島には1時間ほどの滞在だったが、大満足。フェリーから桜島を見続ける。あの山を桜島だと思っていたが、島だったなあとふと気付く。山なのに島なのか。


フェリーから見た桜島、雄大な姿

てことは、私が桜島という山だとおもっていた山は、何か別の名前があるんだろうなあ。調べていませんが。
15:15
鹿児島港下船
15:27

水族館口乗車(林田バス/伊敷ニュータウン行き)
鹿児島中央駅まで行き、朝見た観覧車を確認することにする。


水族館前から乗ったバス車内
15:38
鹿児島中央駅下車


鹿児島中央駅の観覧車

おお。本当に観覧車だった。駅と合体している。こんな風景も見た事ないなあ。鹿児島はやっぱりスケールが大きいなあ。ついでに銅像も。


駅前の銅像も群像
17:10

鹿児島中央駅乗車(西鉄高速バス/桜島号)
20:57

西鉄天神高速バスターミナル下車

「かごしま水族館」
●SUNQパスを提示すると、入場料割引
大人1500円→1200円
小中 750円→ 600円
幼児 350円→280円

(幼児とは4歳以上)

【TEL】099−226−2233
【営業時間】 9:30〜18:00(但し入館は17:00まで)
【休館日】12月の第1月曜日〜4日間
【HP】http://www.ioworld.jp/

▲PAGE TOP

宮崎で大きな大きな川に出会う

8:10

西鉄天神高速バスターミナル乗車(西鉄高速バス/フェニックス号)
宮崎のイメージ…「モアイ・海・チキン南蛮」。貧相すぎて少し不安がよぎる。


西鉄天神高速バスターミナル
12:17
宮崎駅下車
バスの中からヤシの木の多さで宮崎市内に入った事に気付く。
駅前もヤシ、ヤシ、ヤシ。



宮崎市内に入って、ヤシの木

陰も南国

駅構内の目に入ったフルーツ屋さんでフレッシュ・バナナジュースを飲み、昨日の疲れをスッキリさせる。さてどこへ行くかなあ?とりあえずモアイかな?昨日の鹿児島の流れで何か「大きいもの」を見たい気分。

バナナジュースを飲んだお店

観光案内所でモアイまでの所要時間を聞くと、片道1時間半!しかもバスは1時間に1本のみ。宮崎滞在時間は4時間ほど。モアイを断念。
じゃあ海だ。SUNQパスのサイトで見た、海のそばのバス停「フェニックス」までの道のりを聞く。
所要時間40分だが、モアイと同じバスだそうで…こちらも断念。とりあえず街へ!

それなら…と、まずはおなかを満たすべく、お店を物色。チキン南蛮の文字多数。しかし、今食べる気分ではないなあ…。


街にもヤシ並木

別に名物食べなくてもいいやと思っていたら、「冷汁定食」の文字発見!
おお!忘れていたけど、確か宮崎の名物だ。迷わず入店。


冷汁定食メニュー

お店で地図を眺めていたら、お店のおばちゃんに話しかけられた。
「県庁には行った?」
「いいえ、まだです。」
まるで後から行こうと思っているような返事をしてしまい、少し落ち込む。
毎日たくさんの人が訪れているそうです。東国原。

冷汁はとってもおいしかった。冷たいのは汁だけで、ごはんが暖かいのが意外。
店を出るも、まだどこに行くのか決まっていない。

街はすでに一通り歩いてしまったようで、なんとなく映画?とも思ったが、来る途中に見た大きな川を思い出し、行ってみることにする。


かりゆし?アロハシャツ?のサラリーマン5人組
13:59

デパート前乗車(宮崎交通/宮交シティ行き)


バスから見た大淀川
14:06
南詰下車
川を越えたところで下車。
大きい!これは見に来てよかった!ああ、気持ちが良いなあ。私が知る川は「室見川」位のもので、こんなに大きな川を目の当たりにするのは初めて。川幅が室見川の3〜4倍はありそう。

まずは日陰の川沿いを歩いてみる。さすが川沿い、風が心地良い。このまま真っ直ぐ行ける所まで行くことにする。

道路を地下から越えてさらに真っ直ぐ、この先は海?しかし草が深くなり、心細くもなってきた。線路に行く手を阻まれ、川沿い散歩はここで終了。
海まで行きたかったなあ。仕方ない。対岸には日除けのついたベンチがあるみたいなので、あそこまで行ったら休もう。

いざ橋を渡ろうとするも、あまりの日差しと橋の距離に怖じ気づき、しばし川沿いのヤシの木陰で休憩。

その間観察していると、車はビュンビュン通っているが、歩行者はひとりもおらず、自転車も2台通ったのみ。しかし、日が暮れるまでここにいる訳にもいかないので、意を決して橋へ!目指せ対岸!


ヤシ

橋の上は風が強く、日傘を煽られ、妙に怯えてしまい、腰がひけていることに気付く。ただの橋で腰が引けるなんて…
風景を楽しむ余裕もないまま、死ぬ思いで橋を渡り切る。バスだとあっという間だったのに、歩くと果てしない橋に思えた。


ヤシ


川沿いのベンチで一休み。川端康成の宮崎を舞台にした小説「たまゆら」の碑というものがあった。


ここで休憩

たまゆらの碑
15:29

南詰乗車(宮崎交通/西都バスセンター)

バス車内

15:36
デパート前下車
山形屋(やまかたや)の地下でおみやげを物色。どの商品にも「東国原知事」の顔が。結局、顔のないおみやげを購入。
17:17


宮崎駅前乗車(西鉄高速バス/フェニックス号)

帰りのバス

21:22

西鉄天神高速バスターミナル下車

「宮崎観光ホテル」
宮崎市街地の中心 格式あるホテル
●各利用店舗にて精算時にSUNQパス提示(各店舗で利用内容・営業時間が異なるので要確認)すると、ホテル内レストラン飲食10%OFF(テナント oliveのみ飲食5%OFF)
温泉入浴料50%OFF


【住所】宮崎市松山1丁目1-1
【TEL】0985-27-1212(代)
【定休日】各々異なる
【HP】http://www.miyakan-h.com/
「道の駅フェニックス」
日南海岸最高の景勝地
●精算時にSUNQパス提示すると、特製ソフトクリーム100円OFF

【住所】宮崎市大字内海381-1
【TEL】 0985-65-2773
【営業時間】9:00〜18:00
【定休日】年中無休
【HP】http://www.pmiyazaki.com/phenics_d/

▲PAGE TOP

夫と二人で長崎へ

08:05

西鉄天神高速バスターミナル乗車(九州急行バス/九州号)
最終日は、夫と二人で長崎へ。夫はSUNQパスを持たず、普通の往復乗車券を購入。
私は1年ぶり、夫は20年ぶり!の長崎。長崎では長崎歴史博物館の「シーボルトの水族館」展に行く事は決めている。
前日までの鹿児島・宮崎と違い、初めての土地ではないし、乗車時間も短いし、二人だし、最終日だし、気楽な気持ちで出発!


長崎突入
10:12
長崎駅前下車
すでにおなかが減っている。何か食べねば。街へ!


到着&下車
10:26

長崎駅前乗車(長崎県営バス/5循環)


路線バス車内
10:34
中央橋下車
長崎と言えばトルコライス。トルコライスと言えば・・・ということで、真っ直ぐ老舗店へ。

トルコライスの種類が5、6種類あるが、二人揃って定番のトルコライスを注文。
あっという間に食べ終わり、大満足。

トルコライス

しかし、お腹いっぱいになりすぎたので、アーケード内の「有名喫茶店U」で休憩する。しばらく休んだところで長崎歴史文化博物館へ。

長崎市の皆さん
11:30
浜屋前乗車(長崎市コミュニティバスらんらん)
11:42

長崎歴史文化博物館前下車
新しい雰囲気の建物。2階には奉行所を再現した所もあるようだが、今日は3階で開催中の「シーボルトの水族館」展のみを見る。

長崎歴史文化博物館

なかなか楽しめる展示。水槽のヒラメの愛らしさに打たれ、ヒラメを飼いたくなる。
歴史文化博物館を後にし、ブラブラ歩いてみることに。しかし今日も強い日差し!

いかにも長崎な風景

適当に歩いていると、寺町のあたりに辿り出た。真っ赤な門が印象的な興福寺に入ってみることに。

興福寺

まるで中国のように、至る所真っ赤っか。ベンガラという染料の赤。
興福寺を出て、さらに歩く。お寺とお墓が延々と続く。暑い!
休める所を求めて彷徨っていると、いつの間にか街に着いていた。

この暑さを癒すものといえば、長崎名物「ミルクセーキ」!またしても「有名喫茶店U」へ。今度は観光通りの店へ。


ウミノから見た浜屋前

独特の店内でミルクセーキを食べる。鹿児島で白くまを逃したが、似たような食べ物を食べられて満足。

ミルクセーキ

体もすっかり冷却された。
今日はまだまだ時間がある。どこに行こうか。鹿児島・宮崎の「雄大つながり」でいけば…稲佐山!街から離れるぞ!
15:25
長崎駅前乗車(長崎バス/小江原ニュータウン行き)

稲佐山へ向かうバス車内
15:31

ロープウェイ前下車
すごく遠くに行くつもりで乗ったバスだったが、あっけなく目的の停留所へ。街からとっても近いんですね、稲佐山。

最後にいつ乗ったのか記憶にない乗り物「ロープウェイ」に乗って、山頂へ。ロープウェイからの景色に、自分でも意外なほど縮み上がる。ロープウェイを降り、歩き、さらに階段を上り、展望台へ。

ロープウェイ/ガイドさんも同乗


ロープウェイからの風景

すごい!長崎の街が!一望できる!さらに海!島!360度見渡せる!
興奮が去り、落ち着いて見ても美しい景色。見飽きないなあ。ここにベンチがあればなあ…


山頂にて、海と山と島々

空が広い

去り難いが、山を下りる。

17:30
ロープウェイ前乗車(長崎バス/ダイヤランド行き)
17:46

中央橋下車
もう少し街を散歩。中華街の辺りをなんとなく歩いてみる。特に何も買わず、食べず、そろそろ駅にもどる事に。

中華街

路面電車で長崎駅に。駅のそばのおみやげセンターでお土産を買い、そそくさとバスセンターへ。

ガーン!長蛇の列!しかし、ギリギリのところで二人並んで座る事ができた。
19:15

長崎駅乗車(九州急行バス/九州号)
バスの2時間は寝っぱなしで、気付いたら天神北ランプ。速い!
21:22

西鉄天神高速バスターミナル下車

「長崎県美術館」
「長崎水辺の森公園」に隣接し、屋上庭園やミュージアムショップ、カフェなども充実した水辺の美術館
●SUNQパスを提示すると、通常400円 → 320円「80円割引」

【住所】長崎県長崎市出島町2-1
【TEL】 095-833-2110
【営業時間】10:00〜20:00
【定休日】第2、第4月曜日(祝日の場合火曜日)、12月29日〜1月3日
【HP】http://www.nagasaki-museum.jp/
「岩崎本舗(アミュプラザ店)」
名物「長崎角煮まんじゅう」の老舗。テレビ、雑誌でも紹介されました。
●SUNQパスを提示しての商品のご購入で「長崎角煮まんじゅう」ストラッププレゼント

【住所】長崎県長崎市尾上町1-1-1F
【TEL】 095-808-1135
【営業時間】7:30〜20:00
【定休日】年中無休
【HP】http://0806.jp/index2.html

考える前に乗れ!
旅の下調べをしているとだんだん面倒になってきて、「だったらどこにも行かなくていいや」という気分になってました。そんな面倒臭がりの私にぴったりのSUNQパス。
大体の行先さえ決めてしまえば、あとは気分次第で適当にバスに乗っちゃえばいいなんて!

その利点を活かして、本当はもっといい加減な旅がしたかったのですが、ついつい行先に合わせたバスに乗ってしまいました。
次は「まず目の前に来たバスに乗る。行先は後からついてくる。」という旅がしたいです。こんな贅沢なことができるのもSUNQパスならでは、です。
見知らぬ街での強い味方でした。

※このルポの内容や金額などは2007年8月時点のものです。

■あなたもSUNQパスで家族旅行に出ませんか?
SUNQパスのご利用方法
SUNQパス購入場所
SUNQパスご利用可能路線

体験ルポインデックスへ

 ご意見・お問い合わせ よくある質問Q&A SUNQパス運営委員会について ご利用にあたって 個人情報ポリシー  
 Copyright 2007 SUNQ PASS , All Right Reserved. ▲PAGE TOP